キャスト

上村佳子・界 健太(新人)
木内みどり・出門 英
佐々木すみ江・佐藤英夫
鈴木正幸・長谷川初範(友情出演)
奥西純子・木村吉邦


かがり ・・・・・・・・・ 上村 佳子

1973年東京生まれ。1986年港区立の小学校卒業。
学校に馴染めず、撮影時は伊豆にあった区立健康学園に在学中(小学6年生)だったが、
1986年、都内の区立中学校に進学した。
現在は会社員。

 

良 ・・・・・・・・・ 界 健太

1961年東京生まれ。
1979年明星学園高等学校卒業。1982年劇団「円」研究生を経て、クリエイティブ・スペースOMに集まった役者集団「闘魂組」に参加。映画「ゴンドラ」でデビュー。“良い作品”にめぐり逢い、“精根こめて演じる”ことのみを目標に彼は役者にこだわっている。その苛烈なポリシーで彼は、デビュー作にして本篇主演という幸運を得た現在も、缶詰倉庫で働きながら、安部公房作「棒になった男」というボクサー役の一人芝居の稽古に黙々と励んでいる。寡黙にして熱き想いに満ちたキャラクターは、今後もその熱演を期待されている。(1987年公開当時)
現在は会社員。

 

かがりの母 ・・・・・・・・・ 木内 みどり

1950年名古屋生まれ。
劇団「四季」を経て、初主演ドラマ「日本の幸福」(’67/NTV)、「安ベエの海」(’69/TBS)、「いちばん星」(’77/NHK)、「看護婦日記」(’83/TBS)など多数出演。
映画は、三島由紀夫原作『潮騒』(’71/森谷司郎)、『死の棘』(’90/小栗康平)、『大病人』(’93/伊丹十三)、『陽だまりの彼女』(’14/三木孝浩)、『0.5ミリ』(’14/安藤桃子)など話題作に出演。コミカルなキャラクターから重厚感あふれる役柄まで幅広く演じている。3・11以降、脱原発集会の司会などを引き受け積極的に活動。
twitterでも発信中→水野木内みどり@kiuchi_midori

 

かがりの父 ・・・・・・・・・ 出門 英

1942年東京生まれ。
日活ニューフェイス、水木英二として「霧子のタンゴ」でデビュー。また、歌手としても「東京ロマンチックガイ」でデビュー後、ヒデとロザンナ結成。「愛の奇跡」「愛は傷つきやすく」の大ヒットで国際的デュエットコンビとして不動の地位を確立した。作曲家としても「星の砂」など数々のヒット曲を手掛けた。TV「必殺仕事人」「毎度おさわがせします」にレギュラー出演。最近では映画「光る女」に出演、役者としても幅広く活動している。(1987年公開当時)
付記:1990年に逝去(享年47歳)

 

良の母 ・・・・・・・・・ 佐々木 すみ江

1928年生まれ。
劇団「民芸」出身。1955年「楡の樹陰の欲望」で第5回新劇演技賞受賞。1978年「移動」で第8回紀伊国屋演劇賞受賞。映画は、「春の鐘」「吉原炎上」、最近では「二十四の瞳」「女咲かせます」などに出演。TVでも「ふぞろいの林檎たち」で見せた個性の強い母親役は誰の記憶にも新しい。長年に渡る演劇活動と、地味にして重厚な演技力には幅広い支持層を持つ。(1987年公開当時)
現在の公式Profile:http://www.alpha-agency.com/artist/sasaki.html

 

良の父 ・・・・・・・・・ 佐藤 英夫

1925年横浜生まれ。
東京大学仏文科卒。劇団「民芸」、俳優座養成所、劇団「新人会」を経て、フリー。「バス通り裏」で菊池寛賞受賞。映画「野良犬」「豚と軍艦」「津軽じょんがら節」他、TV、舞台でも出演作は数多い。東映東京撮影所で助監督を務めた経験を持ち、NHK嘱託ライターとしてラジオ台本を執筆していたこともある、という多才なベテラン俳優である。(1987年公開当時)
付記:2006年に逝去(享年81歳)。

 

(敬称略)