イントロダクション

Introduction

話題性に頼ることなく、映画でしか成し得ない本当の独創性にこだわって、当時20代の若者たちの参加によって独立プロで製作し、1988年に劇場公開された劇映画『ゴンドラ』。

完成から30年を経て今、美しい映像と幻想的な色彩に透明なメッセージを封印して、ひとりの少女の“心の対話の物語”を刻みこんだこの作品のリバイバル上映が決定!

古いけれど新しい・・・大事な忘れ物を思い出させてくれるこの映画を、ますます先が見えにくくなったこの現代に彷徨い、浮遊する、たくさんの“孤立する魂”に、今、あらためて届けたい。

1987年公開時のプレスは、こんな文章でした。

 どうしたってひとり......だけど....... 
 どこかに大切なものを置き去りにしたまま気づかぬうちに流れてゆく現在(いま)
 心のよりどころもなく、都会の片隅にうづくまる一人の少女がいた。
 虚空をみつめるその瞳に、何が見えているのか。
 彼女の心の中には、もはや帰ってゆくところもないのか。
 その小さな体から発する声にならない叫びを、どうすればいいのか。
 言葉に飾られたやさしさだって必要かも知れない。 
 しかし、そんなものは彼女の前では無力に近かった。
 言葉を越えた、もっと力強いやさしさを持ちたい ‥‥‥。
 生きることって、そんなにつまらないことじゃない......
 ‥‥‥ 今、少女のみつめる風景や声にならない叫びを、“かがり”という主人公に託して、
 まだどこかにいる、すべての“かがり”へ‥‥‥。

 

作品データ

オリジナル・フィルム35mm/スタンダード/イーストマンカラー 
1985年撮影/1986年完成/1988年劇場公開作品/劇映画・112分 
現像=株式会社 IMAGICA(当時 東洋現像所) 
フィルム=EK5247 ・EK5294 
カメラ=ARRIFLEX ⅡC・B・V 
レンズ=CINEOVISION(シネオカメラ)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
デジタル・リマスター版 2016年 Teamゴンドラ 製作/2017年リバイバル公開

ストーリー

Story

都会 ― そびえ立つコンクリートの群れ。
熱を帯びたアスファルト。
無表情に流れてゆく雑踏。
無機質で膨大な顔をもつ空間。
しかし、そんな都会の一角にも、
ひとりの人間と、ひとりの人間との、
小さな小さな世界が無数に散らばっている。

父親は夢に追われた少年 ― 母親は女 ―。
彼らもかつてここで出逢い、愛し、
一つの生命を宿した。
が、二人の心が別々に歩き出したとき、
引き裂かれた幼い魂は、
どこを彷徨うのか・・・・・・

窓ガラスに仕切られた、
無音の世界に孤立する少女・・・かがり ―
その瞳の奥に覗かれる心の扉は、
固く閉ざされていた。

弧空に漂う〈ゴンドラ〉に乗り、
内側から冷たく遮られた硬質な窓ガラスを、
黙々と磨く青年。
ノイズィな都会の空間に彼も孤立している。
遙か上空から見下ろす都会の風景の上に、
青年は静かに幻の海を見た。

かがりと青年 ― 窓越しの出逢い。

「死んじゃうと、生きてたことってどこ行っちゃうのかな」
二人を引き逢わせた小鳥の死は、
言葉を閉ざしたかがりにもう一度、
信じようとする力を与えた。

青年には〈故郷〉があった。

北の村 ― 天空に向かってそそり立つ岩礁の群れ。
魚の捕れなくなった海。
漁師達ちは陸にあがり、残されたものは朽ちた小舟。

全てのものを包み込む紺碧の海を愛し続け、
年老いた青年の両親は、
今も寄り添って静かに暮らす。

少女の描いた一枚の絵 ・・・・・・
もう街の上に海は見えない

生命の原風景に導かれ、二人は旅へ ・・・
今、方角は〈あたたかい北〉
失われた旋律を索めて ・・・・・・・・・

映画「ゴンドラ」劇場予告編 (2017リバイバル上映用)

Trailer
  • 劇場版予告編

  • Producer Edition

映画「ゴンドラ」 (2017リバイバル上映)予告編
劇場版編集:木村祐一(ノーマルKIM)/  Producer Edition 編集:貞末麻哉子

どちらもデジタル・リマスター版で編集しています。YouTubeの推奨ブラウザにて高画質HD720以上でご覧ください。

 

イベント情報

Event

劇場情報

Theater



3/20(祝日)栃木県小山市 サバイバルネット・ライフ主催の上映会詳細PDFで開きます↓


3月26日(日)、4月1日(土)、2日(日)、3日(月)はイベントがあります詳細はこちら




3月25日(土曜日初日)は、監督 伊藤智生の舞台挨拶があります!




4月22日(土曜日初日)は、監督 伊藤智生の舞台挨拶があります!